ストレスチェックとは



ストレスチェックとは、おもに職場で行われるものであり、労働者が快適に働き続け、職場を適正に保つためにも非常に重要なものです。その職場で働くうえでどの程度のストレスが労働者にかかっているのかをチェックしていき、メンタルヘルスの不調を早期に見つけ、支障をきたさないように早期に解決することを目的として行われます。そのため、ストレスチェックは、多くの企業において定期的に行われています。

ストレスチェックシステムで重要なこと

ストレスチェックは、より効率的な労働に重要な役割を持っており、多くの起業でストレスチェックシステムを導入して定期的にストレスチェックを行っています。しかし、闇雲に行えばよいというものではなく、注意事項というものがいくつかあります。ひとつにはストレスチェックを行ったのならば、その結果を企業側や医師ばかりが把握しているのではなく、ストレスチェックを受けた本人も結果を把握するということです。自らのストレス状況を把握して、自分でメンタルヘルスを保つために行動を促すことが必要だからです。また、ストレスチェックの結果を知らせる医師は、普段からかかわりのある医師にするということです。ストレスチェックは非常に個人の内面と関わるものであり、信頼関係が全くない医師に知られることで余計なストレスがかかる場合もあります。さらに、ストレスチェックシステムを導入する際には、専用のシステムを導入すると円滑に進むのですが、情報が外部に漏れないようにすることも重要です。個々人のストレスチェックのみに頼るのではなく、社内アンケートなども併せて導入し、活用していくとより良い社内環境へとつなげることが可能となります。

ストレスチェックシステムは形として目に見えないストレスを調査出来る便利なシステムです。専門に行っている業社へ委託すると簡易検査などを行えるのでストレスを可視化できます。