事前に知っておきたい動画配信の基礎知識とは?



動画配信の2つの種類とは!?

動画配信には、録画とライブの2つの種類があります。録画は撮影した動画を編集して、動画共有サイトなどにアップする方法です。一方ライブは、テレビの生放送と同じです。リアルタイムに動画を配信する方法となります。ライブ配信の方は難易度が高く、一定の視聴者を集める必要があります。このため動画配信の初心者の方には、録画配信の方がまずはおすすめだと言えるでしょう。なお、録画した動画を編集するためには、動画編集ソフトも準備しなければなりません。このソフトは無料で利用できるフリーソフトもあれば、様々な機能を備えた高性能の有料ソフトもあります。始めから高性能ソフトを利用する場合、基本的な部分が疎かになる可能性が出てきます。このため最初は、必要最小限の機能を備えた、フリーの動画編集ソフトを使うのが良いでしょう。

ライブ配信の注意点とは!?

ライブ配信は生放送なので、取り返しがつきません。このため、注意点しておきたいポイントがいくつかあります。まず第一に挙げられるのが、人が不快に思うような用語を使わないことです。録画であれば後から編集することができますが、ライブ配信の場合はそうはいきません。動画配信サイトの運営者側から警告され、場合によってはアカウントを削除される可能性もあるので、十分に気を付けましょう。またライブ配信では、台本を予め準備しておいた方が良いでしょう。いざライブ配信をスタートさせると、緊張して頭が真っ白になるケースも考えられます。このような時に台本があれば、すぐに状況を打開することが可能です。

ストリーミングとは、データを徐々に読み取りながら起動するというIT技術です。動画再生ソフトなどによく用いられています。