スマートフォン用にサイトを見やすくするためには



1カラムのレイアウトがおすすめ

スマートフォン向けのWebサイトは、パソコン向けと作り方は似ているとはいえ注意すべき点もあります。作成するとき気にしたいのが、スマートフォンで見やすいデザインにすることです。まずページは区切りがない1カラムレイアウトにしましょう。小さな画面で閲覧する際には、シンプルなレイアウトの方が見やすくなります。機種によって画面の大きさは異なるので、レイアウトの横幅はあえて指定しないでおくことが大切です。横幅が大きいと、閲覧する際に縦横に画面をスクロールしないとスムーズに文字を読むことができなくなります。文章を書くときは、横書きが基本です。

大きすぎるデータ量は避ける

Webサイトには、原稿用紙何枚分もの文章を掲載することができます。しかし、文章が長くなりすぎたときは途中で区切って複数のページに分けることがおすすめです。文章が長すぎると、1ページあたりのデータ量が重くなってしまいスマートフォンでスムーズに表示できなくなってしまいます。また、いつまでもスクロールし続けないと読めないページは閲覧者側からすると見づらいだけです。イラストや写真を載せるときは、ある程度サイズを小さくしてから載せます。綺麗で大きな写真を見て欲しいときは、写真だけの別ページを用意することがおすすめです。特にデータが重い動画を載せるときは、希望者だけが見れるようにしておきます。重いデータの動画や写真は、ページを表示するのに時間がかかるだけでなく通信料も高くなる可能性があるからです。

スマホサイトを持つ会社と持たない会社では圧倒的に持つ会社の方が幅広い層からの集客が期待出来ます。余程の理由が無い限りはスマホ対応は必須と言えます。