なぜLEDは長く使えるの?高いLED電球と安いLED電球の差は?



なぜLEDは寿命が長くなるのか

照明器具として長らく白熱電球や蛍光灯などが使われてきました。もちろん今でも使われていますが、徐々にLEDに取り換えるところも多くなっています。白熱電球は電球自体は非常に安いです。しかし寿命があまり長くなく、電気代も掛かります。LED電球は電球自体は高いですが寿命が長くて電気代も安いので、トータルで見るとお得とされています。ではなぜLEDの寿命が長いかですが、劣化する部分がないためです。製品には4万時間などと書かれているものがありますが、原理的にはほぼ永久に使えるようです。実際には使ってすぐに切れて損をしたと思う人もいるでしょう。メーカーによっては一定期間内に切れた時は無償交換してくれるところもあるので、問い合わせてみましょう。

安いLED電球と高いLED電球の差

LED電球は消費電力が少なく、その分電気代が安くなります。初期費用は少々かかりますが、将来を考えるとLED電球を使った方がいい時もあります。ではLED電球本体価格はどうなっているかですが、数百円のものから数千円のものがあります。それぞれの寿命を見るとどちらも4万時間程度に設定されているので性能は同じぐらいです。なぜこれだけ差があるかですが、中の部品に一定の差がある可能性があります。LEDはダイオードが発光して明るくなりますが、これ自体はどの製品でもあまり変わりません。しかしその他に半導体などがあり、それらはあまり熱に強くありません。高いLED電球は耐熱のための部品が使われていますが、安いタイプには使われていないものもあります。

ledパネルとは白色ledを光源としてデザイン面を背面からライトアップした看板です。蛍光灯を使用した時よりも消費電力が抑えられ、長寿命、省資源などのメリットがあります。